三瓶由布子さん関連情報

三瓶小清水2010年始動!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第24回 11/17-11/24

前回は美味しかったが、今回も美味しいといいなぁー
三瓶由布子の育て!黄色いアヒル豆くえ


メール大募集中
peipeipei@obc1314.com
公式HP
http://vstation.net/keitai/?page_id=59

<×ゲームの回>


前回はよかったなぁー
えっ何回もいうよぉー

今日のめざまし占い3位だったんだよねぇー

今回は何も引いてもダメだって?
ながいさんこのコーナーだと元気になるんだから!

なんちゃってルーレットスタート

[ヨーグルト×しょう油]

新しい味の革命だね・・・見た目が豆腐だよ・・・
色が変わる・・・
おかしいよこれ!!
なんか離乳食みたいだものっ!!

実食

・・・・これ食べ物じゃないよ・・・


もう一度

えっもう一回??
ヤーだ、ヤーだ、やーーーだぁーーー
私これやーーーだ


なんちゃってルーレットスタート

[マヨネーズ×プリン]

うわーこの前違うラジオでもこんなのやったのぉーーー

やーーだぁー、やめてーー、やーーーだーーー

見た目は・・・サンドイッチにはさむ玉子みたいな感じ・・・
ちょっとっ!!何笑ってんの!!
大爆笑なんてありえないんだからっ!!

実食

うっ・・・まずぅ・・・・・・・・
プリンマヨのかちーーーーーー


えープリンにマヨネーズの使いきりを2本入れて
それを食べての感想を送ってください( ゚ー゚)b

プレゼントをおくります(≧∀≦)

以上6分30秒


※今回もキーワードをメモってそれを元に想像で書いたのでほとんど適当ですw
携帯さえ持ってれば誰でも聞けると思いますので、ぜひ実際に聞いてみてください

ルミナスアークの公式HPで三瓶由布子さんのコメントが聞けるようになってましたー
http://www.mmv-i.net/game/ds/Luminous/

上の方のCHARACTERってとこをクリックして
左のテオをクリックして
CV:三瓶由布子ってとこをクリックすれば聞けます

なぜか三瓶さん余所行きな感じです・・・
しかもいきなりキャラ名で噛んでますw

短いですがおもしろいのでまだの人は聞いてみてくださいw
今日の最新版おじゃる丸に三瓶さん出演されてましたー

第9期第83話「わらしべ電ボ」です

役柄はもちろん星野です

お話は、題名の通り電ボが物々交換していいものをもらっていくというお話です

星野の登場は最後の方でした

電ボの持ちものが、本田先生の三角定規からタナカヨシコのけん玉に変わり道を歩いていると前から、

たったらたー、たたたららー
たったらたー、たたたららー
の星野のテーマとともに星野一家現れる

星野:「地球・・・」
星野父:「地球?」
星野:「(けん玉を指差し)あれ地球・・・欲しい・・・」

電ボ:「ハーア、これは地球ではありません!
けん玉といいまして、これをこうして
(けん玉をしてみせるがが頭に当たる)あたー」

星野:「(泣きべそをかきながら)いや、地球欲しい・・・」
星野父:「(ポケットから光る物体をだし)地球これと交換」
星野母:「交換」

おじゃる丸:「おじゃーー!?」
電ボ:「なんと眩い、七色に光る見たこともない石にございますぅー」

星野父:「これ月で拾った石、これと地球・・交換」
星野:「・・・交換」

電ボ:「よっよろこんでー」

星野:「ついに地球・・・手に入れた・・・」
星野母:「・・・やったわ」
星野父:「・・・やった」
星野:「・・・やった」

星野一家よろこんで去って行く

以下省略

キャスト
おじゃる丸@西村ちなみ
電ボ@佐藤なる美
アオベエ@一条和矢
キスケ@うえだゆうじ
アカネ&ニコリン坊@南央美

マリー@さとうあい
金ちゃん@生駒治美
朝子@麻生かほ里
星野@三瓶由布子
星野パパ@内藤玲
星野ママ@寺田はるひ
タナカヨシコ@京田尚子

脚本@小川みづき
絵コンテ@森田浩光
演出@筒井義明
作画監督@渡辺はじめ
前に読みたいって言ってたこれ、

シャングリ・ラ

読みましたw

ここに吉田健一さんの挿絵が載ってるやつです。
予想通り、分厚く薄い辞書くらい(本文592p)の太さがありました。

その割に内容が読みやすかったためか、結構スラスラ読むことができました。

感想文とか苦手なので書きませんが、エウレカセブンのキャクターデザインが好きな人は、先に吉田さんの挿絵をみていた方が読みやすいように思います。
ガガガトークで吉田さんがおっしゃっていたように、挿絵を見ずに表紙だけを見て読んだ人は挿絵はイメージが違うと思うかもしれません。

ただ挿絵を先を見ていても、小説ってのは読んでる人がキャラクターの絵をイメージしていくものだから、だんだん吉田さんの挿絵とは違うキャラクターになっていくキャラクターも出てくると思います。

読み終えた後、もう一度吉田さんの挿絵を見てみると、キャラクターによって自分のイメージ通りというキャラと自分のイメージとは違うキャラとに分かれました。

自分の中でぴったりイメージ通りだったのは、香凛と美邦と凪子とタルシャンとミーコでした。
まあまあイメージ通りだったのは、小夜子と國子で、イメージと違ったのは草薙とクラリス?とチャン?でした(クラリスとチャンはあの絵がそうなのか不明です)。
あとモモコってのは、自分の人生で生ニューハーフをほとんどみたことないので、想像できませんでしたw(今度一度ニューハーフバーにいってみたいですw)

とにかく毎日小説とかを読まない自分などには、挿絵があるってのはやっぱりありがたいことで、しかもその挿絵を描いておられるのが、吉田健一さんだというのは最高なことでした。
吉田さん挿絵を描いてくれてありがとうございますw

この小説を読み終えて、これはアニメ化されそうな作品だなと思ったのですが、少々残虐なシーンもありますので、やっぱり微妙かなとも思います。

ただ、もしアニメ化されても、三瓶由布子さんがあてるようなキャラクターはいないかな?とも思いますw

これがアニメ化されて、もし三瓶さんが声をあてているようなら、それは三瓶さんが新境地を開いているときだと思いますw

吉田健一さんのHP
http://www3.ocn.ne.jp/~gallo44/

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。